大丸神戸店デパ地下スイートの文明堂

大丸神戸店デパ地下スイートの文明堂
大丸神戸店デパ地下スイートの文明堂は、カステラ、和菓子の商号、商標。1900年に長崎で中川安五郎が創業し、実弟の宮崎甚左衛門が東京に進出させ、製造革新と斬新な販売、広告によって全国的に知られる暖簾となった。現在、複数の「文明堂」を冠する企業がある。

文明堂は、会社ごとに別のカステラを扱っていたり、味が違うという点も特徴的であり、その特徴ゆえに会社を間違えて欲しいカステラが買えなかったという話も存在する。

余談だが、販売時は地域名が頭に来ることが多い。例えば株式会社文明堂銀座店が発売している場合は銀座文明堂と書かれており、製造は文明堂製菓株式会社が行っている。また、横濱文明堂と書かれているものは、横浜に本拠地を構える株式会社文明堂が発売している。また、株式会社文明堂銀座店の東銀座店は、「文明堂銀座店東銀座店」となるのではなく、「銀座文明堂東銀座店」となる。

とはいえ、これらの企業は創業を1900年、初代を中川安五郎としていることが多く、CMも共同で放映している。このため、根は同じであることがここでも伺うことができるだろう。

なお、これらの文明堂は、中川の紋を掲げる店(長崎、神戸、横浜、銀座、新宿)と丸文の紋を掲げる店(日本橋、浜松)とに分かれいる。大阪・東京の銀装や千歳船橋・文栄堂は文明堂から分かれたカステラの暖簾である。以前は文明堂中川の紋系の麻布文明堂があったが、現在はカステラを含めた菓子類の製造販売を休止し、アロマテラピー商品やオーガニック商品などの販売を行っている(従来の商品であるカステラ等の販売の再開は未定)。

大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロ

大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロ
唐芋レアケーキ(からいもレアケーキ)とは、鹿児島県鹿屋市の有限会社フェスティバロが開発した新しい洋風銘菓。名産のサツマイモ[1]でつくったスイートポテトをアルミカップに流し込み軽くオーブンで焼き上げたもの。生菓子であるが氷温されて売っているので日持ちがする。当初は鹿児島空港を重点に販売されていたので「スチュワーデスが選ぶご当地銘菓」などと云われた。現在は鹿児島以外に北海道・東京・関西などでも大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロのスイートを購入できる。

「唐芋レアケーキ ラブリー」(鹿児島・羽田空港・熊本空港の限定商品)や「唐芋レアケーキ リンド」(大丸限定商品)などがある。

有限会社フェスティバロは、鹿児島県鹿屋市上野町に本社を置く企業。本店は鹿屋市西原4丁目にあり、店舗の2階部分をコミュニティFM局のFMかのやとNPO法人のおおすみFMネットワークが間借りしている。



大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロのスイートをご試食された次の一瞬、お客様が満面の笑みをたたえ、大きくうなづいて下さいました。お店の販売員にとってこの一瞬に接する感動は、何にも変えがたいものがあります。大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロの「唐芋ケーキは誰もが笑顔になる、不思議な力を秘めています!」と、販売員たちはいつもうれしそうに語ります。

唐芋という太陽の恵みがいっぱいに詰まった素材、それを自然のまんまに生かしていますから、フェスティバロのケーキの美味しさには『健康』が溶け込んでいるのです。

 ……と申しましても、唐芋ケーキが出来上がるまでには、やっぱりいろいろなことがありまして、小さなケーキであろうと、いくつものエピソードで織り成されているのです。

大丸神戸店デパ地下スイートのヨックモック

大丸神戸店デパ地下スイートのヨックモック
株式会社ヨックモック(かぶしきがいしゃよっくもっく)は、東京都千代田区に本社を置く洋菓子メーカーである。シガールを代表とする焼き菓子は全国の百貨店等で取り扱われている。東京都の表参道にある本店にはティールームがあり、オリジナルのクッキーやケーキも提供されている。スウェーデン北部にある町(JOKKMOKK)の名前が社名の由来となっている。


大丸神戸店デパ地下スイートのヨックモックからの「ありがとうが伝わる夏の贈り物」
ガトーセック バリエ
オリジナルのクッキーを「夏の光」をイメージした爽やかなパッケージに詰めこみました。
帰省のお土産にぴったりの夏限定商品です。


大丸神戸店デパ地下スイートのヨックモックからの「葉巻という意味のシガール」
フレッシュバターをふんだんに使って焼き上げました。豊かな風味と、サクッとした口当たり。
そして繊細なくちどけが楽しめます。バターを最大限まで使用して生まれた配合における黄金のバランス。
薄い生地が重なりあって独特の食感を生み出す、くるりと巻かれた葉巻の形状にあります。


大丸神戸店デパ地下スイートのヨックモックからの「ドゥーブル・ジュレ」
ふたつのフルーツを二層にかさね合わせた、色彩あざやかなデザートです。
ひと口、ふた口と食べ進むうちに、上のフルーツと下のフルーツがミックスされ、新しい風味や食感が楽しめます。
グレープフルーツの程よい酸味と、オレンジのさわやかな甘味をかさね合わせました。

大丸神戸店デパ地下スイートの本高砂屋

大丸神戸店デパ地下スイートの本高砂屋
現在の四角形六方焼きは、神戸元町の紅花堂(現在の本高砂屋)の創業者である杉田太吉により考案されたものといわれる。

きんつば(金鍔)は、金鍔焼きの略称で和菓子のひとつ。小麦粉を水でこねて薄く伸ばした生地で餡を包み、円く平らな円盤型に形を整え、油を引いた平鍋で両面と側面を焼いたもの。

角型(直方体状)をしている「角きんつば」は、明治時代に考案されたもので、寒天を用いて粒餡を四角く固めたものの各面に、小麦粉を水でゆるく溶いた生地を付けながら、熱した銅板上で一面ずつ焼いてつくる。

サツマイモでつくった芋餡を包んだもの、もしくは、四角く切った「芋ようかん」の各面に生地を付けて焼いたものは「薩摩きんつば」と呼ばれるものになる。

もともとは江戸時代中期に京都で考案された菓子であり、上新粉(米粉)で作った生地で餡を包んで同様に焼いたもの。当時は、その形状と色から「ぎんつば(銀鍔)」と呼ばれていた。製法が京都から江戸に伝わると、「銀よりも金のほうが景気が良い」との理由から、材料が小麦粉に、また名前が「きんつば」に変わったとされている。

きんつばの「つば」とは、日本刀の鍔のことを指しており、江戸時代当初は現在のような四角形のような形ではなく円形をしていた。富山県高岡市戸出地区などでは現在でも円形であり鍔の文様が残っている。現在の四角形六方焼きは、神戸元町の紅花堂(現在の本高砂屋)の創業者である杉田太吉により考案されたものといわれる。

また、富山市の岩瀬地区の和菓子店では、どの店のきんつばも三角形である。新潟県や福島県の一部では今川焼、大判焼のことをきんつばというところもある。

大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋

大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋
一般には老舗の「新宿中村屋」で知られる。和菓子・洋菓子の他、菓子パン、中華まん、レトルト・缶詰のカレー等を製造販売している他、いわゆるデパ地下やショッピングセンター等に菓子の名店として出店(直営店160店)、レストラン(直営店20店)を営業している。

関東エリアのセブン-イレブンで売られている中華まんのほとんどが中村屋の中華まんであるなど、コンビニエンスストア向け業務用食品にも有力商品を持つ。その他事業として、旧・笹塚工場跡地に地上18階建ての「笹塚NAビル」を所有し、賃貸事業・スポーツクラブ事業をおこなっている。(笹塚NAビルはかつてマイクロソフト日本法人の本社が入居していた。)

大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋の、売上比率は菓子事業64%、食品事業20%、レストラン事業13%、賃貸事業1%となっている。(2006年現在)


大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋創業者・相馬愛蔵
創業者相馬愛蔵は1901年の創業以来、独創的なパン・食品を作り続けた。1904年にはシュークリームをヒントに現在もポピュラーな菓子パンであるクリームパンを考案した。

1927年には中国に行った時知った包子を、中国人向けの味付けから日本人向けに改良し、大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋が「中華饅頭」として売り出した。これが現在の中華まんの始まりと言われている。1918年に娘がインドの独立運動家のラス・ビハリ・ボースと結婚をしたことから、本格的なカリーの調理を学び、1927年(昭和2年)に日本で初めて純インド式カリーを販売している。

フランスパンを日本で最初に発売した京都の進々堂創業者の続木斎、そしてヤマザキパン創業者の飯島籐十郎もこの相馬愛蔵のもとで奉公していた。新宿の中村屋本店には愛蔵・良の人柄に惹かれた文化人が盛んに来店していた。

大丸神戸店デパ地下スイートのモロゾフ

大丸神戸店デパ地下スイートのモロゾフ
モロゾフ株式会社(Morozoff Limited)は、兵庫県神戸市東灘区向洋町に本社を洋菓子メーカーである。神戸を代表する洋菓子メーカーの一つであり、同じくユーハイムとならぶ、二大ブランドの一つとして、広くその名を知られている。

モロゾフは神戸市の六甲アイランドに本社を構え、菓子販売店舗を中心に、カフェ、レストランを全国に展開している。大丸神戸店デパ地下スイートのモロゾフの店舗数は2006年1月現在で767店ある。

代表的な商品は、チーズケーキ、プリンなど。

なお、大丸神戸店デパ地下スイートのモロゾフはバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を始めた会社のひとつとしても有名。

大丸神戸店デパ地下スイートのモロゾフはガラスの器(以前は陶器であった)に入ったプリンは高級品として知られ、食べ終わった後の空き瓶がガラスコップの代用品として再利用される事が多い。吉本新喜劇の小籔千豊が、ネタで「そんなに使わないのについつい取って置いてしまう」物の代名詞として、しばしばギャグのネタにしている。

モロゾフ家との関係
会社名が示すとおり、モロゾフ社の母体はロシア革命後の社会主義化を嫌って亡命してきたモロゾフ家が別の経営者と共同で1926年に設立したモロゾフ洋菓子店である。その後、モロゾフ家はこの共同経営者と訴訟沙汰となり、敗れたモロゾフ家側はモロゾフ洋菓子店から去り、その後「モロゾフ」の会社名や商品名を使用できなくなってしまった。

この共同経営者によって会社化され成長したのが現モロゾフである。ちなみに、モロゾフを離れたモロゾフ家は紆余曲折を経て戦後「コスモポリタン製菓」を設立するが、2006年に廃業した。日本人向けにアレンジしない菓子作りが原因とも言われる。 ちなみにモロゾフ家が商標権を放棄せざるを得なかった経緯については『大正十五年の聖バレンタイン』(PHP研究所・1984年刊)に詳しい経緯が記されている。

大丸神戸店デパ地下スイートのユーハイム

大丸神戸店デパ地下スイートのユーハイム 
大丸神戸店デパ地下スイートのユーハイムは、株式会社 ユーハイム(Juchheim Co.,Ltd)は、兵庫県神戸市中央区港島中町に本社を置くバウムクーヘンやフランクフルタークランツなどを中心としたドイツ菓子の製菓会社である。

1921年、第一次世界大戦の青島攻略時に日本軍により占領された青島より、日本へ連行されたドイツ人菓子職人のカール・ユーハイム夫妻が横浜へ移り住み、店を開く。しかし1923年に関東大震災により店を失い、今度は神戸へと移り、再び店を開く。

その後、日本、ドイツ共々第二次世界大戦で負けたことにより、ユーハイム一家は国外退去処分にさせられる。戦後再来日したエリーゼ・ユーハイム夫人を社長に迎えて会社組織化し、再出発するが一時経営が悪化。バターを納品していた河本春雄らの出資により、再興した。河本は再建の際に専務取締役として経営参加し、エリーゼ夫人の死後に社長に就任する。

NHKで1977年から1978年にかけて放映された連続テレビ小説「風見鶏」から起こった「異人館ブーム」の追い風に乗り、1970年代から1980年代にかけて全国各地に出店し、一時は逆上陸の形でドイツに多店舗展開していたこともある。神戸から全国百貨店等に展開する洋菓子メーカーとしてモロゾフと双璧的存在であり、引き出物として根強い人気を誇るバウムクーヘンをはじめ、クッキー、ケーキ類を主力商品とする。

なお、ユーハイム夫妻の戦前の弟子たちによって設立された株式会社ユーハイムコンフェクトとは長年商標を巡って争ってきたが、2004年に和解しコンフェクト社は神戸スイーツポートに社名変更した。

大丸神戸店デパ地下スイートの神戸プリン

大丸神戸店デパ地下スイートの神戸プリン
神戸といえば、神戸プリンといわれるほど人気のデザート。
厳選した卵と生クリームがかもし出す深いコクと柑橘系リキュールの爽やかな風味は
まさに絶品!!

神戸プリンの購入者の声として、
神戸にいった時のお土産といえばこれ−−神戸プリン!って決めてます。ただのお土産とは思えないほどおいしいプリンです。神戸プリンは普通の洋菓子店にも負けません!他の人からもお土産には神戸プリンね!とリクエストされます。すっごいおいしいので、是非一度神戸プリンをご賞味ください。


友人への神戸土産を購入し忘れたのが有ったので神戸プリンを注文しました。発送が大変早く、小分け用の小袋もしっかりと入れていただき感謝です。代表的なお土産が揃っているので安心して注文できますね。関西限定ものもゲットできますのでこれからも注目したいです。

神戸プリンは常温保存可能プリンなのに柔らかくて美味しい♪ウチでは常に冷蔵庫に神戸プリンのストックがあります。賞味期限長いしヽ(´ー`)ノこのお箱は、お試しで食べてみるにもちょっと人様に差し上げるのにも( ̄ー ̄)bグッ!かと思われ♪


神戸プリンでは、神戸プリン以外にも下記のスイーツを販売しています。
デザートギフトセット
果肉入りのジューシーなフルーツゼリーを中心に、コクのあるジャージー牛乳プリンや果肉食感のメロンゼリーなど、一品ずつ素材にこだわった自信作です。

涼水想菓
水中の金魚をイメージしたゼリーに定番の水ようかんやみつ豆など様々な和の素材を詰め合わせ、夏らしく涼しげに仕上げました。


ゴルフボールのネーム入れ

大丸神戸店デパ地下スイートの人気のベスト5

大丸神戸店デパ地下スイートの人気のベスト5

大丸神戸店のデパ地下スイートで人気の高いものを選んで紹介します。
第1位 イグレックプリュス ジュレシトロン
ライチの果肉を入れた泡立てゼリーとレモンを使ったさっぱりとしたフルーツジュレ。

第2位 シーキューブ クレーマカタラーナのミッレフォーリエ
さくさくパイとなめらかなクリームの中に、キャラメル風味のクレーマカタラーナ(卵・生クリームで作った濃厚なプリン状のもの)が入っています。

第3位 ボックサン 白桃とシャンパンのムース
白桃の角切りをふんだんに使い、シャンパンムースのさっぱりした味わいを加えたカップデザートですね。

第4位 ア・ラ・カンパーニュ ガレット・オ・グリオット
2種類のさくらんぼを敷き、サクサクのクッキー生地で覆い焼き上げたものです。

第5位 モルトクオーレのブルーベリータルト
宝石のような大粒のブルーベリーをふんだんに使った、可愛いらしいタルト。ブルーベリーの酸味と生クリームの甘味のハーモニーをお楽しみください。


大丸神戸店デパ地下スイートでは神戸洋芸菓子ボンサックがリニューアルオープンとして、
 生ケーキ全品を通常本体価格の20%OFFに
 「こだわりのロール」通常税込1,155円を税込840円
で販売していますので、ぜひ大丸神戸店デパ地下スイートでは神戸洋芸菓子ボンサックを覗いてください。

大丸神戸店デパ地下のスイーツ店舗紹介

大丸神戸店デパ地下のスイーツ店舗紹介
デパ地下とは、日本のデパートの地下食料品売り場のことですが、当然大丸神戸店 でもデパ地下は非常に充実していますよ。

大丸神戸店で主に売られている食品は、惣菜、弁当、スイーツ、酒などである。大丸神戸店のスイーツは特に有名で、有名店のテナントが出店しています。大丸神戸店のデパ地下に出店しているお店を紹介しますと

◆洋菓子
・ボックサン       ・元町ケーキ
・イグレックプリュス   ・シーキューブ

◆洋菓子
・ユーハイム       ・ゴディバ
・フレイバー       ・ゴンチャロフ
・ヘフティージュネス   ・メリー
・モルトクォーレ

◆洋菓子
・レスポワール      ・月堂
・ヨックモック      ・モロゾフ
・フェスティバロ     ・フーシェ
・神戸プリン


◆和菓子
・井津美屋        ・蕪村庵
・亀井堂         ・本高砂屋
・文明堂         ・坂角
・常盤堂         ・中村屋
・京煎堂         ・とよす
・清閑院


また、大丸神戸店では物産展の開催や駅弁などが販売される。大丸神戸店のデパ地下スイーツを全て紹介することを目標にしていますので、ぜひ楽しみにしていてください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。