大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロ

大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロ
唐芋レアケーキ(からいもレアケーキ)とは、鹿児島県鹿屋市の有限会社フェスティバロが開発した新しい洋風銘菓。名産のサツマイモ[1]でつくったスイートポテトをアルミカップに流し込み軽くオーブンで焼き上げたもの。生菓子であるが氷温されて売っているので日持ちがする。当初は鹿児島空港を重点に販売されていたので「スチュワーデスが選ぶご当地銘菓」などと云われた。現在は鹿児島以外に北海道・東京・関西などでも大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロのスイートを購入できる。

「唐芋レアケーキ ラブリー」(鹿児島・羽田空港・熊本空港の限定商品)や「唐芋レアケーキ リンド」(大丸限定商品)などがある。

有限会社フェスティバロは、鹿児島県鹿屋市上野町に本社を置く企業。本店は鹿屋市西原4丁目にあり、店舗の2階部分をコミュニティFM局のFMかのやとNPO法人のおおすみFMネットワークが間借りしている。



大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロのスイートをご試食された次の一瞬、お客様が満面の笑みをたたえ、大きくうなづいて下さいました。お店の販売員にとってこの一瞬に接する感動は、何にも変えがたいものがあります。大丸神戸店デパ地下スイートのフェスティバロの「唐芋ケーキは誰もが笑顔になる、不思議な力を秘めています!」と、販売員たちはいつもうれしそうに語ります。

唐芋という太陽の恵みがいっぱいに詰まった素材、それを自然のまんまに生かしていますから、フェスティバロのケーキの美味しさには『健康』が溶け込んでいるのです。

 ……と申しましても、唐芋ケーキが出来上がるまでには、やっぱりいろいろなことがありまして、小さなケーキであろうと、いくつものエピソードで織り成されているのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。