大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋

大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋
一般には老舗の「新宿中村屋」で知られる。和菓子・洋菓子の他、菓子パン、中華まん、レトルト・缶詰のカレー等を製造販売している他、いわゆるデパ地下やショッピングセンター等に菓子の名店として出店(直営店160店)、レストラン(直営店20店)を営業している。

関東エリアのセブン-イレブンで売られている中華まんのほとんどが中村屋の中華まんであるなど、コンビニエンスストア向け業務用食品にも有力商品を持つ。その他事業として、旧・笹塚工場跡地に地上18階建ての「笹塚NAビル」を所有し、賃貸事業・スポーツクラブ事業をおこなっている。(笹塚NAビルはかつてマイクロソフト日本法人の本社が入居していた。)

大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋の、売上比率は菓子事業64%、食品事業20%、レストラン事業13%、賃貸事業1%となっている。(2006年現在)


大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋創業者・相馬愛蔵
創業者相馬愛蔵は1901年の創業以来、独創的なパン・食品を作り続けた。1904年にはシュークリームをヒントに現在もポピュラーな菓子パンであるクリームパンを考案した。

1927年には中国に行った時知った包子を、中国人向けの味付けから日本人向けに改良し、大丸神戸店デパ地下スイートの中村屋が「中華饅頭」として売り出した。これが現在の中華まんの始まりと言われている。1918年に娘がインドの独立運動家のラス・ビハリ・ボースと結婚をしたことから、本格的なカリーの調理を学び、1927年(昭和2年)に日本で初めて純インド式カリーを販売している。

フランスパンを日本で最初に発売した京都の進々堂創業者の続木斎、そしてヤマザキパン創業者の飯島籐十郎もこの相馬愛蔵のもとで奉公していた。新宿の中村屋本店には愛蔵・良の人柄に惹かれた文化人が盛んに来店していた。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。